安否確認をするメール機能も導入検討しよう

絶対安全ということはない

地震速報

地震国家日本

日本は活火山が多く存在しているので、地震も多く、人々は地震に慣れているといえます。しかし、慣れてしまうことで備えるならまだしも、普段からなんの備えもしていないのは望ましくありません。
地震国家なのですから、家も免震機能をつけ、事業計画も災害を前提としたものにする必要があります。

全て同じ地震

大きな揺れが来る前には小さな揺れが来ることがあり、それは前震ともいわれます。この見分けがつけば地震の到来を予知でき、安全を確保できると思っている人も多いですが、実はそうではないのです。
実は地層の揺れは体感できない程度に多く発生しています。そのため、何が前震か余震なのかはわかりません。しっかりと把握し、迫り来る地震に備えましょう。

緊急地震速報システムも利用できる

地震が起こることを予知していれば、被害を最小限に抑えることができます。そのときに利用されているのが緊急地震速報システムです。
数十秒前に発生をお知らせしてくれるシステムなのですが、これを利用することで建物の倒壊から身を守ることができます。

予知システムもある

近年では、地震が発生する前に電気が発生することが分かっているため、それを利用した予知システムも提供されています。
電波感知の方法を使って予知をすれば、一週間前に地震の発生を知ることができるのです。それ以外にも長期的な予知をすることができるシステムも研究され続けています。

比較して検討する

官公庁や企業では、地震を予知して事業の計画を立てる取り組みを行なっています。
安否確認システムや緊急地震速報は基本的に有料で提供されているため、費用も含めてどのシステムを導入するのかを比較しましょう。
安全確認メールを一括で送信したり、予知システムと連動してBCP計画を立てるシステムもあります。