経済や生活の立て直しのために研究されてきた地震の予知方法

耳鳴りや地鳴り

地震の予知といえば、「動物が騒ぐ」や「特徴的な雲が現れる」などの方法がありますが、現在ではもっと科学的に証明もされてきています。そのため、災害が起こった後の復旧計画システムにも利用することができます。

企業が行なうべきBCPについて

BCPとは何か

日本語でいえば事業継続計画といいます。災害発生時にはまず身の安全を確保しなければなりませんが、その後に事業を続行するか否かの決断をするために計画を立てる必要があります。BCPがしっかりしていれば、継続も可能となることがあります。

事前BCPがある

継続計画だけでなく、事前にできるBCPというものもあります。地震予知システムと連動しているなら、事前に通信手段の確認と、社内の備蓄品をチェックするなどの取り組みができるでしょう。連絡網の見直しも必要です。

初動の対応

BCPの流れですが、非常事態が発生した際には社員全員の安全が確保できるように、マニュアルを決めておく必要があります。手順通りにいうと、社員全員と連絡をとり、被害状況を把握する、そして対策本部を設置します。

復旧の仮計画を立てる

本格的な計画ではなく、業務の引き継ぎなど本復旧に向けての確認作業をしていくことになります。設備が倒壊しているなら資材の調達や代替設備を検討することが必要です。業務の委託も検討することになります。

本格的な復旧

仮計画を経てから始めて平常時の運営ができるように準備を進めていきます。仮計画までは生命の危険もかかっているため厳密な手順が必要で、できるだけ早めに対策しなければいけませんが、この時期になれば厳密なマニュアルは必要ありません。

様々な方法が検討される

グラフ
命を守る 自然災害が起きたとき、まず命が守られるように避難をすることが必要ですが、それ以前に、建物の強度を強くしておき、建物の倒壊が起きないようにしなければなりません。
免震技術も年々高まってきていますので、建築物を新設するときは最新の免震技術を取り入れましょう。また、家具が倒れて怪我をしないように、設置方法も工夫しましょう。
避難の経路 そして、災害発生後は避難し、生活を立て直せるように順序立てて取り組まなければなりません。
災害発生後に二次被害に遭い、死亡してしまう人も多いのでそうならないように普段からどのように避難をするのか確認しておく必要があります。
生活がかかっている 地震のための研究は多くなされてきましたが、これはなぜかというと経済的な損失が大きいためです。
人間的な生活が脅かされた状態で、経済活動はできません。しかし経済活動の縮小は日本経済や暮らしにも大きな影響を与えます。
そのため、地震の影響をなるべく小さくするために、事前BCP発令といった取り組みも行なわれているのです。
地震の予知方法 地球上には様々な電波が行き交っていますが、地震が起こる前に地球上の電離層において変化がもたらされることが分かってきました。
この仕組を活用して地震を予知することができるようになってきましたが、他にも地下水や地面の観測など様々な方法が研究されています。