地震の予知について知れば心構えができる【普段からの備えが大切】

災害発生時はライフラインが断絶する

もし水、ガス、電気などのライフラインが寸断されたら、数日過ごすことはできるでしょうか。普段から備えることで災害時にも対応できるようになるのです。そのため、予知についてもしっかり確認しましょう。

地震の情報を仕入れておこう

グラフ

災害に備える

大きな災害があった場合、生活を脅かすほどの被害が起こる可能性が高いです。自然災害は特に大きな影響を及ぼすため、普段から備えることが大切です。
なんの準備もしていないのと、普段から備えているのとでは、災害時に命を守れる確率がかなり違ってきます。

予知の研究

日本では地震が常に起きているので、地震に関する研究も進んでいます。地震の予知ができれば被害が最小限に止められることから、国家予算も組まれて予知の研究がなされてきました。
一般の人や企業が利用できるようなシステムも開発されているため、気軽に利用することができます。

短期的な予知をする

予知は長期的、中期的、短期的なものに分かれてきます。この中でも短期的な予知をすることが重要視されています。
長期的な予想をしても人間は忘れてしまうため、短期的な予知の方がより対処しやすくなるのです。一週間前の短期予知で地震を察知した方が、食料を整えるのにも役立ちます。

備蓄品を揃えておく

地震がきたらライフラインが断たれる恐れがあるため、常に備蓄品はチェックしておく必要があります。
・3~4日分の飲料水
・持病のための薬やガーゼなどの医薬品
・レトルトやインスタント食品などの非常食
これだけでなくもっとリストがあるので、もしものときに備えておきましょう。