地震があっても予知やアプリを使って正しく対策できる

都市の直下地震に対応する

日本

被害が大きくなる

大きな都市では多くの人が生活しているため、地震が起きたときの被害も甚大なものになります。
自然災害から受けるものというよりは、都市圏特有の交通機関の形式や生活様式が影響しているのです。
近年中に首都直下地震が起きることが予想されているので、早急な対策が求められます。

家に帰れなくなる

都市部で直下型地震が起きた場合、地下鉄や電車が止まりますので、他の地域から出勤してきている人々が自宅に帰宅できなくなってしまいます。
そうなった場合の対策は、官公庁や企業で行なわれているため、もしものときの行動規範を確認しておきましょう。
多くの人数が帰宅できなかったとしても、会社の中で数日避難し続けられるような対策に取り組んでいるところもあります。

予知していれば対策できる

もし防災アプリや予知アンテナなどで地震が感知できているならば、事前に帰宅するまでの別ルートを確認することも可能となります。
電車が止まるのであればバスを装備しておき、帰宅困難者の対応に備えるのです。

アプリで避難所をチェック

もし地震が起きてしまったら、自宅への連絡も途絶えるかもしれません。そんなときのために防災アプリも販売されていて、最寄りの避難所を確認できるようになっています。
防災アプリには家族と連絡をとるためのツールも搭載されているため、都市圏内に住んでいる人以外も利用して安全を確保しましょう。

大きな災害の経験を活かす

日本は続けて大きな地震に見舞われています。そのため今は防災への意識が高まっていますが、それをしっかり活かすためにも今から対策をしておかなければなりません。災害は忘れた頃にやってきますので、常に備えておくことが大切です。